kitsunelog

きつねろ(@kitsu_rero23)のブログです

自己啓発

何をやってもうまくいかない理由【改善策あり】

投稿日:2020年10月1日 更新日:


 
 
・自分は頑張っているのに周りが評価してくれない
 
・職場の上司が好きになれない
 
・やりたいことは沢山あるのに忙しくて時間がない
  
・親が許してくれない
 
 
このような悩みを抱えている方へ向けた内容となっています。
 
 
 

 
 
人は誰でも自分の好きなことや得意なことで成果を残し、成功したいと思います。
 
 
しかし同時に、自分の身の周りの環境や人間関係によってその成功が妨げられていると考えている人が多いと思います。
 
 
その成功の妨げは一見 解決できないどうしようもないもの と思えるかもしれませんが物事の見方を変えることで解決できるかもしれません。
 
 

 

物事の見方を見直す


 
 
多くの人は物事の<良いこと>と<悪いこと>を区別する際、無意識に自分の都合が良くなるように区別します。
 
 
そのため「できないこと」があれば「身の回りの物事が悪かった」と認識することで、自分が責められるのを避けられるために人のせいにしたり環境のせいにしてしまう傾向があるのです。
 
 
世界で最も影響力のある思想家のスティーブン・R・コヴィー著書の『7つの習慣』では、

私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままの世界を見ているのであり、自分自身が条件づけされた状態で世界を見ているのである。…相手と意見が合わないと、相手のほうが間違っていると瞬間的に思う。
[1] p.22 

と述べられています。
 
 
しかし、このままでは問題を解決する責任から逃れられることができても、解決していない問題があり続けてしまうため、あなたの人生はうまくいかないままになってしまいます。
 
 
それではどのようにするのが最善なのでしょうか。
 
 

 

自分に問題があると考える


 
 
物事がうまくいかない理由は自分にある」というように考えましょう。
 
 
どう考えても自分は悪くないと思うよな物事でも自分が変えられるのは自分だけです
 
 
いつ変わってくれるか、変わったあとに持続してくれるかわからない他人や環境の変化を待っていたら、あなたの人生で最も価値のある「あなたの時間」が無駄に消費されていってしまいます。
 
 

インサイド・アウト

 
 
例えば、「子どもが反抗期で言うことを聞いてくれない」という親と「なんで親は自分のことを理解してくれないのだろう」という子がいるとします。
 
 
ここで抱えている悩みに対して
 

親「言うことを聞きなさい!」
子「言わなくてもわかってよ!」

 
と相手に変化を求めても<親子それぞれは自分が正しいと思っている行動>を取っているため解決にはつながりません。 
 
こんな場合にはどうすれば良いのか。
 
 
まずは、問題の原因が<自分にある>と考えましょう。
 

親「自分が相手のことを知ろうとしていないから問題が起きている」
子「自分が相手に理解してほしいことを伝えていないから問題が起きている」

 
 
そして、自分がまず変わろうとする考え方を持つことが重要です。
 

親「相手の意見を聴く時間を作ろう」
子「相手に自分の考えを伝える時間を作ろう」

 
 
このような「自分が変わらなければ、周囲の環境も変わらない」という考え方を「インサイド・アウト」と言います。[1] p.43 
 
 

 

見方を変えたら結果が得られる行動をする


 
 
自分に問題があると考えることが難しいのであれば、他人が問題視していることについて自分だったらどうするかを考え、自分が問題を抱えたときの練習をしましょう。
 
 
・自分は頑張っているのに周りが評価してくれないとき
 
良い評価を受けられている人が何を優先して努力しているかを見て、自分が努力していることよりも評価が得られることを優先して努力する。
 
 
・職場の上司が好きになれないとき
 
まず、自分の態度・身だしなみが悪くないのか確認する。相手の嫌いな部分だけで判断しないために極力話しかけてその人のことを知ろうとする。

 
・やりたいことは沢山あるのに忙しくて時間がないとき
 
食事の時間や寝る前の時間も有効に使えているかを確認する。無意識にしてしまっていることを把握するために起きてから寝るまで行動を日記に書く。
 
 
・親が許してくれないとき
 
親が求めていることを聞いて把握する。自分の考えていることを伝える。そのうえで納得してくれるような対策を考える。
 
 
 

まとめ

 
今回は何をやってもうまくいかない理由と改善策についてお伝えしました。
 
今抱えている問題を自分の問題にまで落とし込み、結果を得られる努力をしましょう。
 
この記事で皆様の人生がより良いものとなることを願っています。
 

 

<参考文献>

[1] Covey, R. S. (2013). 完訳 7つの習慣 人格主義の回復 キングベアー出版 (訳)フランクリン・コヴィー・ジャパン
 
 

-自己啓発
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自信につながる】成功体験の積み上げ方【3つの要素】

  どうも こんにちは きつねろです。   皆さん学校や仕事場で他人のプレゼンを聞いていて、または動画を見ていて 「うわぁ、この人すごい自信満々に話せているな」とか 「自分も自信を …

【行動力が上がる①】何事にもやる気が出ない状態から脱出する方法【動画紹介】

     こんにちは きつねろです。   今回はやる気・無気力についてお伝えしていきます。   「仕事はしているけれど、休みの日になるとすることがない」 「熱中して取り組んでいるものがない」 「熱中と …

【行動力を上げる②】失敗が怖くなくなる動画【動画紹介】

    今回は前にお伝えした【行動力を上げる①】何事にもやる気が出ない状態から脱出する方法【動画紹介】の続きになります。     ・行動力ってどうやったら上がるんだろう?   ・いろんなことに挑戦した …

自分を受け入れる方法【考え方と具体策】

    「いろいろな自己啓発書には『自分を受け入れましょう』とか『自分を好きになりましょう』と書いてあるけれど、そもそもそれができないから悩んでいるのに…」     今回はそんな悩みを持っている方へ向 …

自己批判を止める方法【厳しくしても成長できません】

     ・目標を決めて自分に厳しくしているが、思うように成長できていない    ・失敗してしまったときにどうしても自分を責めすぎてしまう    ・自己批判を止めてもっといろんなことに挑戦したい   …